お知らせ:東京ユーポスの決意表明を掲載いたしました。
ポルシェ

【ポルシェ911 カレラ4S】他社より30万円アップ買取査定

ポルシェ

【ポルシェ911 カレラ4S】他社より30万円アップ買取査定

他店買取価格より

300,000円UP!


平成26年式【ポルシェ911 カレラ4S】他社より30万円アップ買取査定いたしました。
輸入車専門買取業者だからできる高価買取のお約束。輸入車専門スタッフが自信をもって査定いたします。他店の査定金額持参OK!ぜひ買取金額を比べてください。査定はもちろん無料。最短2日で入金いたします。お電話・LINE・メールからお問い合わせください。

ポルシェ911 カレラ4S

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス

1964年のデビュー以来、ポルシェを代表するフラッグシップスポーツカーが「911」である。

901というコードネームで開発が進み、そのまま「901」という車名で発売しようとしたら、すでに真ん中が「0」の3ケタ数字を使った車名をすべて商標登録していたフランス・プジョー社のクレームにより、「911」にしたというのは有名な話。

911最大の特長はRR(リアエンジン/リアドライブ)であるということ。
エンジン荷重がダイレクトにリアタイヤに掛かるため抜群のトラクション性能を発揮するが、フロントが軽くなるためステアリング操作はシビアになる。本気で攻めようとするとそれ相応のドラテクが必要となってくる。

そんな誰もが速く走らすことができないクルマを誰もが安定して走らせるために、ポルシェが出した答えが4WDシステムの導入である。1955年登場の「597」(軍用ヤクトワーゲン)を除けば、1986年に登場した「959」がポルシェ初のスポーツ4WDと言われていて、日産のGT-R同様、速く走らせるための4輪駆動システムである。

前置きが長くなったが、今回の911カレラ4SはカレラSの4WDバージョン。400psの出力と44.9キロのトルクを4輪でしっかりと大地に伝え、(おそらく)安心して踏み込める仕様となっている。ちなみに4WDモデルはボディーも4センチほどワイド化されている。

現車はアンスラサイトブラウンメタリックのボディーにベージュのレザー仕上げでとても上品なたたずまいを醸し出し、定番オプションのスポーツクロノパッケージやBOSEサウンドシステムも装備されている。

10年近く経過する車両ではあるが非常に状態が良く、高額で買取りをさせていただいた。


詳細

車名ポルシェ911
グレードカレラ4S
型式ABA-991MA103
走行距離67,100km

アンスラサイトブラウンメタリック
排気量3,800cc
車体番号2994(4桁)

セールスポイント

  • スポーツクロノパッケージ
  • 純正オプション20インチアルミホイール
  • BOSEサウンドシステム
  • PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)
輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス

標準装備

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
  • フルレザーシート
  • バックモニター
  • クルーズコントロール

主要諸元

  • 全長×全幅×全高 4500×1850×1295mm
  • 最高出力 400ps(294kW)/7400rpm
  • 最大トルク 44.9kg・m(440N・m)/5600rpm
  • エンジン種類 水平対向6気筒24バルブ

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス

TOP
買取ギャラリー 査定依頼 メニュー アクセス