お電話でのお問合せはこちらへ

  【ホンダ】これがホンダ最後のFR車!S2000(1999年~2009年)について調べてみた!

  • tel:03-5856-9780
 

【ホンダ】これがホンダ最後のFR車!S2000(1999年~2009年)について調べてみた!

 

unsplash-logoJohn Volante

 

今回は強化買取中のS2000のご紹介です!!

約10年間の販売され、中古車市場でも根強い人気があります。

東京ユーポスでは、S2000を積極買取中です♪

お気軽にお問い合わせください!

S2000とは?


Photo by @CarShowShooter on Foter.com / CC BY-NC-SA
 

S2000(エスにせん)は、平成11年(1999年)4月に本田技研工業の創立50周年を記念してホンダから販売されたFR車です。

ホンダ車のSシリーズでは第4弾にあたるスポーツカーで、先代となる第3弾のS800以来、実に29年ぶりのFRレイアウト車

2シーターのオープンスポーツ仕様のスポーツカーでありながら環境にも配慮されており、10・15モード燃費は12.0km/Lを達成。

次世代スポーツカーのあるべき姿を具現化した存在となりました。

このような「環境に配慮された造り」でありながら最高出力が8300rpmで250馬力という鬼のような回転力を誇るエンジンが搭載されており、性能と燃費を両立させた点が特徴的といえるでしょう。

同社から販売されていたNSXの専用生産工場でS2000も生産されていましたが、平成16年(2004年)にはTDラインでの生産に移管していたようです。

NSXについてご紹介しているコラムもありますので、気になる方はご覧ください♪
【ホンダ】NSX初代 NA1/2型(1990年~2006年)とは?今回はⅠ型 / Ⅱ型 / Ⅲ型
【ホンダ】2代目NSX CAA-NC1型(2017年~)とは?詳しく調べてみた!!

さて、スポーツカーでありながら環境配慮もなされていて且つ最高馬力も申し分ないS2000ですが、約10年間の販売期間がありながらも国内での総生産台数は約2万台という少なさで生産を終えることになります。

S2000には、後続車(2代目、3代目)が作られることもありませんでした。

その原因は「専用パーツ」ではないかと考察されています。

実は、性能を求めるあまり、S2000には専用パーツが多く取り入れられていたのです。

もし2代目や3代目を制作するとなると、また新たに2代目や3代目のためだけの専用パーツを開発しなければならないのでコスパが相当悪い…。

上記の理由から、さすがにフルモデルチェンジはできなかったのでしょう。

他の車に流せるパーツで作られていれば、もしかするとS2000にも2代目・3代目の後続車が誕生していたかもしれませんね。

それでもS2000は、販売開始から2年後の平成13年(2001年)に初めてのマイナーチェンジが行われ、2年後の平成15年(2003年)には2回目のマイナーチェンジ、その3年後の平成16年(2004年)には欧米向けモデル、翌年の平成17年(2005年)には国内モデルに対するマイナーチェンジが行われています。

最初のマイナーチェンジでは、リアスクリーンがタイマー付き熱線入りガラスに変更され、内装・外装ともに新色の追加エンジンフィールの向上サスペンションの見直しも行われ、よりマイルドな動きが可能になりました。

さらに、2回目に行われたマイナーチェンジでテールライトにLEDライトが採用され、ボディ剛性も強化されます。

サスペンションの見直しも再び行われ、安定性も増加しました。

最後に行われたマイナーチェンジでは、まず、欧米向けモデルのエンジン型式が変更されました。

「F20C型」から「F22C型」へ変更されたエンジンは、ストローク部分が84.0mmから90.7mmに延長され、排気量は2.2Lに拡大

当時の欧米市場で求められていた「乗りやすさ」を叶えるために、許容回転数は8,000rpmに下げられ、このマイナーチェンジは日本国内のモデルにも採用されたのでした。

SA22C(FB3S)型のメカニズム


Photo by Ricky Flores on Foter.com / CC BY
 

それではここで、S2000のメカニズムを見ていきましょう!

S2000

販売期間 1999年~2009年
総販売台数 20,000台(国内)
110,000台(世界累計)
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン型式 F20C型(AP1):2.0L 直4 DOHC VTEC
F22C型(AP2):2.2L 直4 DOHC VTEC
駆動方式 FR
変速機 6速MT
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 4,135mm
全幅 1,750mm
全高 1,285mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 F20C型(AP1):1,240~1,260kg
F22C型(AP2):1,250~1,270kg
総排気量 F20C型(AP1):1,997cc
F22C型(AP2):2,156cc
最高出力 F20C型(AP1):250ps/8,300rpm
F22C型(AP2):242ps/7,800rpm
最大トルク F20C型(AP1):22.2kgm/7,500rpm
F22C型(AP2):22.5kgm/6,500~7,500rpm

参考wikipedia/ホンダ・S2000

 

最後に


Photo by Julien Huet Photography on Foter.com / CC BY-NC-ND
 

ここまで、ホンダのS2000についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

東京ユーポスでは、ホンダのS2000積極買取しております!

他社よりも高値での買取りに自信がありますので、車の売却をご検討の方はぜひ東京ユーポスにご相談ください♪

さらに!「査定しに行くのは面倒くさいな…」とお悩みの方にも朗報です!

東京ユーポスでは、

  • ホームページから最小限の情報を入力するだけで査定ができてしまう「クイック査定
  • SNSアプリのラインで査定ができてしまう「ライン査定
  • ネット上で写真を送ってくださるだけでできてしまう「オンライン査定

 

など、わざわざ店舗に行かなくてもカンタンに査定ができてしまうシステムを導入しております!

スタッフがお宅に伺って査定をする、出張査定も行っておりますので、お気軽にご相談くださいね!

お問い合わせはコチラまでどうぞ♪

2019年10月18日

お客様の愛車の査定がオンライン上で可能です。
お車の情報をご入力いただければ、後日スタッフが査定結果を報告いたします。
その強みをご紹介してまいります。

※名前と電話番号だけ送信!クイック査定(トップページ)もあります!

 

以下のメールフォームに必要事項を入力の上、「入力内容を確認する」ボタンをクリックして下さい。

お名前 必須
フリガナ
お電話番号 必須
メールアドレス 必須
ご住所

郵便番号

-

都道府県

市区町村

番地等

建物名/お部屋番号

メーカー 必須
車種名 必須
グレード
型式
年式 必須
走行距離 必須
ミッション
燃料
修復歴
サンルーフ
本皮シート
備考

車売却/中古車の下取りなら高価買取/無料査定の東京ユーポスまでお任せください!

住所:〒121-0836 東京都足立区入谷5丁目15-13
電話番号:0120-3737-28
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • insta
PAGE TOP