【三菱】GTO(3000GT) Z16A型/Z15A型/Z15AM型について調べてみた!

国内ではパトカーにも採用されている車種でもある、三菱のGTOについてご紹介します。東京ユーポスでは、三菱・GTOを積極買取中です♪お気軽にお問い合わせください!

GTO(3000GT) Z16A型/Z15A型/Z15AM型とは?

日本がバブル景気で盛り上がっていた1989年に行われた東京モーターショーで「三菱・HSX」という名前の車が出店されました。その車は、翌年平成2年(1990年)の10月に「三菱・GTO」という名前で市販されました。3LのV6ツインターボエンジンを搭載したGTOは、日本国内だけでなく北米市場も意識した仕様になっていて、輸出車は「3000GT」という名称で輸出されていました。日本国内仕様の駆動方式は全グレードとも4WDなのに対し、輸出車には自然吸気エンジンのFFモデルもラインナップされていたようです。

さらに、GTOには日本車に対して初めて採用された装備(下記5つ)も多く備わっていました。

アルミ製4ポット異径対向ピストンブレーキキャリパー
ドイツ・ゲトラグ社製の5速MT(中期型から6速化)
高張力鋼製のドライブシャフト

スイッチで排気音を変えられるアクティブエグゾーストシステム(※)
可変リヤスポイラー及びアクティブエアロシステム(※)

※アクティブエグゾーストシステム…マフラーへの流入経路を切り替えることでエキゾーストの音質が変えられるシステム
※アクティブエアロシステム…時速80km以上になると自動的にリアスポイラーが可変するシステム

GTOは、大きなマイナーチェンジを4回行っており、前期型(Z16A型) ⇒ 中期型(Z15A型) ⇒ 後期型 ⇒ 最終型(Z15AM型)と進化しています。

前期型(Z16A型)

平成4年(1992年)の1月にGTO最初のマイナーチェンジが行われ、前期型のZ16A型が誕生しました。まるでフェラーリを彷彿とさせる高級外車のような見た目で、メーカーオプションにグラストップ(ルーフ部分がガラス仕様になっているもの)が追加されています。ドアミラーには電動格納式ドアミラーが採用され、運転席の電動スライド機能も追加されました。

同年10月の更なるマイナーチェンジでは、リアブレーキに対向2ポットキャリパーの採用やキーレスエントリーの採用もありました。

中期型(Z15A型)

平成5年(1993年)の8月に行われたマイナーチェンジでGTOは中期型のZ15A型へと進化しました。このマイナーチェンジでは、助手席にエアバッグが追加され、ヘッドライトがリトラクタブルライトから4灯固定式プロジェクタータイプへ変更になりました。トランスミッションも5速MTから6速MTのツインターボに変更。また、シリンダーヘッドガスケットがメタル化されたことにより、ターボチャージャーの過給圧も変わりました。これによりエンジン出力が280PS/42.5kgf·mから280PS/43.5kgf·mへ向上しました。

翌年(1994年)8月のマイナーチェンジでは、軽量化・ブレーキ冷却導風板が採用されたモデル「MR」がグレードに追加されました。他にも、APロッキード製6ポットブレーキのオプション採用やリアハイブリッドLSDオプション、メーカーオプションの電動チルト&アウターサンルーフも追加されました。さらにその翌年の平成7年(1995年)8月にもマイナーチェンジが行われ、ノンターボモデルが価格を抑えた「SR」へと変更されました。

後期型

平成8年(1996年)の8月に行われたマイナーチェンジで、後期型へと進化を遂げたGTO。このマイナーチェンジでの型式の変更はなかったようです。主な変更内容としては、ターボモデルの18インチクロムメッキホイールが採用され、プロジェクターフォグランプが装備されました。また、フロントバンパー・リアスポイラーの意匠変更に伴い、アクティブエアロが廃止されました。翌年の平成9年(1997年)にも後期型のマイナーチェンジが行われ、「SR」モデルにも助手席へのエアバッグ装備が追加されました。

最終型(Z15AM型)

平成10年(1998年)の8月、GTO最後のマイナーチェンジが行われ、最終型のZ15AMが登場します。見た目は、前期型と比べるとかなりスッキリした印象になりましたが、フロントウインカーがコンビネーションランプ化され、大型のリアスポイラーが採用されています。車重が5%軽量化されたことで、より扱いやすくなったとの声もありました。

GTO(Z16A型/Z15A型/Z15AM型)のメカニズム

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
Photo by hezoos on Foter

それではここで、GTO(Z16A型/Z15A型/Z15AM型)のメカニズムを見ていきましょう!

販売期間1990年10月~2001年3月
乗車定員4名
ボディタイプ3ドア ファストバッククーペ
エンジン型式6G72型 2972cc V型6気筒 DOHC24バルブ
6G72型 2972cc V型6気筒 DOHC24バルブ ICツインターボ
駆動方式4WD
FF(北米仕様)
変速機4AT
5MT(前期型)・(中期型以降 NA)
6MT(中期型以降 ツインターボ)
サスペンション前:マクファーソン式ストラット
後:ダブルウィッシュボーン
全長4,555mm(前期型)
4,575mm(中期型)
4,590mm(後期型)
4,600mm(最終型)
全幅1,840mm
全高1,285mm
ホイールベース2,470mm
車両重量1,600~1,730kg
総排気量2,972cc
最高出力225PS(NA)
280PS(ツインターボ)
最大トルク28.0 kgf·m(NA)
43.5 kgf·m(ツインターボ)

参考:三菱・GTO

最後に

ここまで、三菱 GTO(Z16A型/Z15A型/Z15AM型)についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?東京ユーポスでは、今回紹介した三菱 GTO(Z16A型/Z15A型/Z15AM型)を積極買取しております!他社よりも高値での買取りに自信がありますので、車の売却をご検討の方はぜひ東京ユーポスにご相談ください♪

関連記事

東京ユーポス

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定専門店なら【東京ユーポス】

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

買取ギャラリー

東京ユーポスでは年間2,000台超の輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定をしています。大手買取店と是非比較して下さい。業者様、同業者様大歓迎。お客様クチコミ評価業界ナンバーワン。

東京ユーポス

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

詳しく見る

最近の記事
おすすめ記事
  1. 【ハイラックスサーフ】2022年5月お客様の声

  2. 【GLC220d】2022年5月お客様の声

  3. 【カローラ クロス】2022年5月お客様の声

  1. 【エスティマ】2021年11月お客様の声

  2. 【ハイラックスサーフ】2022年5月お客様の声

  3. 【Audi A45】2021年8月お客様の声

RECOMMEND

TOP
買取ギャラリー 査定依頼 メニュー アクセス