フェラーリ製エンジン搭載スポーツクーペ「マセラティ・グラントゥーリズモ」

マセラティ・グラントゥーリズモはフェラーリ製V8を搭載。2007年~より販売されています。5代目クアトロポルテをベースにもちます。

今回は、マセラティ・グラントゥーリズモのご紹介です。

マセラティ・グラントゥーリズモの歴史

マセラティ・グラントゥーリズモは、マセラティが初めてレーシングカーではなくロードモデルとして作った車として、1947年に発表された「A6 1500」より70年以上の歴史があります。

※A6の「A」は、アルフィエーリ・マセラティ(マセラティ兄弟の四男)の頭文字、「6」は直列6気筒エンジンを表します。

最終型(2007年~2019年):マセラティ・グラントゥーリズモの概要

最終型グラントゥーリズモは、2007年スイスで開催されたジュネーブモーターショー2017で発表されました。4人乗りのスポーツクーペは、フェラーリでおなじみのピニンファリーナが手掛けています。

※グラントゥーリズモ=グランドツーリングカー(2シーターまたは2+2シーターのクーペのことを「グランドツーリングカー」(GTカー)と定義している。)

エンジン(ティーポ136)

エンジンとミッションは、2種類用意され、自然吸気のV型8気筒エンジンを搭載。

  • 排気量4.2L(4,244cc、405PS/7,100rpm、47.0kgm/4,750rpm)
  • 排気量4.7L(4,744cc、440PS/7,000rpm、50.0kgm/4,750rpm)

エンジンは2種類あり、ヘッドカバーの色が、4.2Lは青、4.7Lは赤に塗り分けられています。

ティーポ136エンジンは、フェラーリのF430と458、カリフォルニア、またアルファ8Cコンペティツィオーネもティーポ136ベースにしたエンジンを搭載しています。

トランスミッション

トランスミッションは、通常の6速ATモデルと、6速セミAT(MCシフト)の2種類あります。

6速ATモデルと、6速セミAT(MCシフト)では搭載位置が違います。

✔6速ATモデル:エンジン直後に搭載され、それにより車重の前後重量配分は前49対後51
✔6速セミAT(MCシフト):リヤアクスル直前に搭載されるトランスアクスル方式を採用。それにより前後重量配分は前47対後53
この搭載位置の配分により駆動輪の設置性に影響を与えており、グレードの違いを図っています。

ボディ・デザイン

ホイールベースは、先代のクーペ マセラティ・クアトロポルテ(3,171mm)に対しマセラティ・グラントゥーリズモは2,940mmとなっていますが、フロントからキャビンまでの距離は、クアトロポルテよりも300mmも長くなっており、大人4人でも快適に過ごせる空間となっています。

車体の名前の通り、グラントゥーリズモ(グランドツアラー)としての要素を満たしているのが分かります。

2018年モデルでは、グラントゥーリズモ、「スポーツ」と「MC」をラインナップがありますが、16種類のボディカラー、6デザイン合計14種類のアルミホイール、9色のブレーキキャリパー、「カーボンパッケージ」が用意されており、40万以上の組み合わせを可能になっています。

マセラティ・グラントゥーリズモの基本メカニズム

スポーツ(2019年10月モデル)

販売期間2007年~2019年
ボディタイプクーペ・スポーツ・スペシャリティ
エンジン型式V型8気筒DOHC
駆動方式FR
変速機6AT
サスペンション前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長4,910mm
全幅1,915mm
全高1,380mm
ホイールベース2,940mm
ブレーキ形式前:ベンチレーテッドディスク
後:ベンチレーテッドディスク
車両重量1,880kg
最高出力460PS/7,000rpm
最大トルク53kgfm/4,750rpm

MC(2019年10月)

販売期間2007年~2019年
ボディタイプクーペ・スポーツ・スペシャリティ
エンジン型式V型8気筒DOHC
駆動方式FR
変速機6速セミAT
サスペンション前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長4,920mm
全幅1,915mm
全高1,380mm
ホイールベース2,940mm
ブレーキ形式前:ベンチレーテッドディスク
後:ベンチレーテッドディスク
車両重量1,873kg
最高出力460PS/7,000rpm
最大トルク53kgfm/4,750rpm

参考:
マセラティ・グラントゥーリズモ

最後に

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
ここまで、マセラティ・グラントゥーリズモについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?東京ユーポスでは、今回紹介したマセラティ・グラントゥーリズモを積極買取しております!他社よりも高値での買取りに自信がありますので、車の売却をご検討の方はぜひ東京ユーポスにご相談ください♪

関連記事

東京ユーポス

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定専門店なら【東京ユーポス】

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

買取ギャラリー

東京ユーポスでは年間2,000台超の輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定をしています。大手買取店と是非比較して下さい。業者様、同業者様大歓迎。お客様クチコミ評価業界ナンバーワン。

東京ユーポス

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

詳しく見る

最近の記事
おすすめ記事
  1. 【BMW X1】2022年3月お客様の声

  2. 【Cクラス クーペ】2022年3月お客様の声

  3. 【Mercedes C200】2022年3月お客様の声

  1. 【CX-5】2021年12月お客様の声

  2. 【レヴォーグ】2022年1月お客様の声

  3. 【シエンタ】2022年1月お客様の声

RECOMMEND

TOP
買取ギャラリー 査定依頼 メニュー アクセス