【3代目マセラティ・ギブリ】マセラティ初のミドルセダン

1966年より初代が販売され続けて2代目が販売されていました。1997年で一度途切れましたが、2013年に3代目がEセグメントセダンとしてマセラティ・ギブリが復活しました。

今回は、マセラティ・ギブリのご紹介です。

マセラティ・ギブリ概要

マセラティ・ギブリは、初代1966年~1973年、2代目1992年~1997年、3代目2013年~(2020年4月現在)販売されている車です。車名の「ギブリ」はリビアなどのアフリカ北部で吹くサハラ砂漠からの熱く乾いた風を意味するイタリア語「Ghibli」から来ています。ちなみにあの有名なスタジオジブリも、その「Ghibli」から来ています。スタジオ・ジブリの英語名は「STUDIO GHIBLI」です。

マセラティ・ギブリ初代(1966年~1973年)

初代マセラティ・ギブリは、1966年に発表され、デザインは有名なジョルジェット・ジウジアーロです。あのバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのデロリアンもデザインしています。
※その他、フォルクスワーゲン・ゴルフ、いすゞ・ピアッツァなども手掛けています。

当時は、世界最速の一台でもあり、その人気度はフェラーリ・デイトナ、ランボルギーニ・ミウラP400と争ったマセラティの代表的なモデルです。マセラティとしては初のリトラクタブル・ヘッドライトを採用しています。乗車テイン員は2名で、内装にはレザーを多用されており、ミッションは5速MTと3速ATがありました。1969年にオープンモデルの「ギブリ・スパイダー」が誕生し、1970年には排気量、最高出力、最大トルクを拡大した「ギブリSS」、「ギブリ・スパイダーSS」が誕生しました。初代マセラティ・ギブリシリーズは1,274台が生産されました。

販売期間1966年~1973年
乗車定員2名
ボディタイプ2ドア クーペ
オープン
エンジン型式前期:4.7L V8 330PS
後期:4.9L V8 335PS
駆動方式FR
変速機5速MT
3速AT
全長4,590mm
全幅1,798mm
全高1,158mm
ホイールベース2,550mm
車両重量1,530kg

マセラティ・ギブリ2代目(1992年~1997年)

初代が1973年で終了し、19年後の1992年に「ギブリⅡ」として復活しました。初代とは違い、2ドアは変わりないですが4シーター(4人乗り)となりました。エンジンは、イタリア仕様(2.0L)と輸出仕様(2.8L)とミッションは6速MT(初期には5速MTあり)と4速ATが用意されました。ギブリⅡは、ビトゥルボから発展した222の後継です。また、上位車マセラティ・シャマルと似ていました。1994年には、電子制御サスペンションの採用、ABSの追加が行われ1996年には、17インチホイールを装着する「ギブリGT」がモデルに追加されました。1997年まで生産され、翌年に発表された3200GTが後継モデルとなりました。

販売期間1992年~1997年
乗車定員4名
ボディタイプ2ドア クーペ
エンジン型式2.0L V6 ツインターボ
2.8L V6 ツインターボ
駆動方式FR
変速機ゲトラグ製6速MT
5MT
4AT
全長4,223mm
全幅1,775mm
全高1,310mm
ホイールベース2,520mm
車両重量1,365kg

マセラティ・ギブリ3代目(2013年~)

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
2013年に6年ぶりにEセグメントに分類される「ギブリ」の車名を持つニューモデルが発表されました。初代から2代目も大きな変更(2シーターから4シーターに変更など)がありましたが、今回は、2ドアクーペであった初代及び2代目と異なり、4ドア5人乗りセダンに変更されました。また、プレミアムセダン「クアトロポルテ」の弟分としての位置付けになりました。
※Eセグメント:全長4,800mm~5,000mmを持つ車両。日本ではトヨタ・クラウンやニッサン・フーガ。外車ではアウディ・A7、BMW・5シリーズ、メルセデス・ベンツ・Eクラスなど。

エンジンは、3.0L V6DOHCガソリン・ツインターボを搭載。ギブリS(上級グレード)、4駆のギブリS Q4。そしてマセラティとして初のディーゼル仕様のギブリ ディーゼルがあります。車体価格は、日本でのマセラティの販売車両では最低1,000万円を超える車両しかなかったですが、このギブリ3代目は、1,000万円を下回る967万円のギブリSが販売されていて、大きな話題となりました。この価格により2014年は、マセラティの販売台数36,500台販売して前年比で136%を記録し、そのうちギブリは6割以上の23,500台が売れたということです。

販売期間2014年~
ボディタイプセダン
エンジン型式V6
駆動方式FR
変速機8AT
サスペンション前:ダブルウィッシュボーン
後:5リンク
全長4,971mm
全幅1,945mm
全高1,461mm
ホイールベース2,998mm
ブレーキ型式前:ベンチレーテッドディスク
後:ベンチレーテッドディスク
車両重量1,950kg
最高出力350ps(257kW)/5,500rpm
最大トルク51.0kg・m(500N・m)/4,500rpm

参考:
マセラティ・ギブリ
マセラティ・ギブリ (M157)

最後に

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
ここまで、3代目マセラティ・ギブリについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?東京ユーポスでは、今回紹介した3代目マセラティ・ギブリを積極買取しております!他社よりも高値での買取りに自信がありますので、車の売却をご検討の方はぜひ東京ユーポスにご相談ください♪

関連記事

東京ユーポス

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定専門店なら【東京ユーポス】

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

買取ギャラリー

東京ユーポスでは年間2,000台超の輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定をしています。大手買取店と是非比較して下さい。業者様、同業者様大歓迎。お客様クチコミ評価業界ナンバーワン。

TOP
買取ギャラリー 査定依頼 メニュー アクセス