リンカーン・ナビゲーターのライバル「キャデラック・エスカレード」

アメリカ ゼネラル・モーターズ(GM)が高級車部門で販売・製造されているフルサイズのSUVです。

今回は、キャデラック・エスカレードのご紹介です。

キャデラック・エスカレードの概要

エスカレードは、1999年より販売されています。エスカレードは、1997年にフォードから販売された高級SUV「リンカーン・ナビゲーター」の販売が成功したのをきっかけに、ゼネラル・モーターズが「エスカレード」を「ナビゲーター」の対抗車種として販売した車両となります。現在でも、キャデラック・エスカレードとリンカーン・ナビゲーターは同じ高級SUV枠でライバル車として比較されます。

初代(1999年~2000年)エスカレード

初代エスカレードは、GMC・ユーコン デナリをベースに完成しました。

外観の大半がユーコン デナリと共通だったのが原因で、ユーコン デナリに似ており、「フェイスが違うだけで値段の跳ね上がったユーコン」とまで言われました。そのためか販売が振るわず、発売からわずか1年余りで販売を終了してしまいました。

販売期間1999年~2000年
ボディタイプ4ドアSUV
エンジン型式V型8気筒OHV
Vortec 5.7L
駆動方式4WD
変速機4速AT
5速MT
全長5,110mm
全幅1,956mm
全高標準:1,956mm
ホイールベース標準:2,985mm

2代目(2002年~2006年)エスカレード

2代目エスカレードより、ロングボディ(ESV)とピックアップ(EXT)がラインナップに追加されました。

ベース車両は、シボレー・サバーバン、GMC・ユーコンXL、シボレー・アバランチです。初代エスカレード「フェイスが違うだけで値段の跳ね上がったユーコン」と言われてしまった反省から、フロント周り・リアエンドのデザイン変更、エンジンは専用設計、内装は総レザー、そしてブルガリとの協力でアナログ時計を装着しました。

2004年には、ロングボディ(ESV)にさらに高級なプラチナム・エディションが追加。2代目エスカレードは、販売面でも大きく成功し、高級SUV「リンカーン・ナビゲーター」と方を並べる存在と成りました。

販売期間2002年~2006年
ボディタイプ4ドアSUV
4ドアピックアップトラック
エンジン型式V型8気筒OHV
Vortec 6.7L
駆動方式4WD
変速機4速AT
5速MT
全長5,100mm
5,624mm(ESV/EXT)
全幅2,040mm
2,019mm(ESV/EXT)
全高1,950mm
1,923mm(ESV/EXT)
ホイールベース2,94mm
3,302mm(ESV/EXT)
車両重量2,530kg(6.0Lモデル)

3代目(2007年~2014年)エスカレード

北米では、2006年から販売されており、日本では2007年から販売が開始されました。ロングボディーのESV、ピックアップもEXTも引き続き販売されました。

エンジンはV型8気筒6,200cc、6AT、4WDを採用。全モデルにBOSE製5.1chサラウンドシステムを搭載。オプションで22インチホイール選択可。そして、ショートボディー、ロングボディー(ESV)最上級モデルとして「プラチナム」が登場しました。プラチナムの装備は、「テハマレザーシート」、後席で映画、ビデオ、ゲーム等楽しめる「オーバーヘッド リアシート エンターテインメント システム」、冷たい、温かい飲み物を保持できる「ヒート&クールカップホルダー」、乗り降り時にドアの開閉に連動して自動でステップが出ててくる「パワーリトラクダブルアシストステップ」が装備されています。2008年にはハイブリッドシステム、2012年には「スタンダード」・「ラグジュアリー」・「プレミアム」・「プラチナム」の4展開となりました。

販売期間2007年~2014年
ボディタイプ4ドアSUV
4ドアピックアップトラック
エンジン型式V型8気筒OHV
Vortec 6.7L
乗車定員7名(ベース)
駆動方式4WD
変速機6速AT
5速MT
全長5,140mm
5,662mm(ESV)
5,639mm(EXT)
全幅1,665mm
全高2,010mm
ホイールベース2,950mm
3,302mm(ESV/EXT)
車両重量2,590kg(ベース)

4代目 (2015年~)エスカレード

4代目現行車(2020年執筆現在)は、2015年から販売されています。

今回のフルモデルチェンジで、外観が画像からも分かるようにラインがカミソリのようなデザインに変更されました。「プレミアム」と最上級グレード「プラチナム」を設定。2019年にはスポーツエディションの追加。プレミアムとプラチナムには約100万円の差があり、最上級グレード「プラチナム」には、パワートレインには違いがないが、以下の通りの装備の違いがあります。

  • プラチナム専用フロントグリル&フィニッシュ・バッジ
  • パワーリトラクタブルアシストステップ(LEDライティング付)
  • 本革レザーシート
  • マッサージ機能・運転席メモリー機能付フロントパワーシート
  • クーラー機能付フロントセンターコンソール
  • 後席用デュアルDVDプレーヤー・スクリーン
  • 22インチアルミホイール
  • カスタムレザーラップインテリア
  • マイクロファイバースウェーデッドヘッドライナー

スポーツエディションは、「プラチナム」をベースに、フロント・サイド・リアをブラックで統一。専用22インチホイールが装着されているモデルとなります。

販売期間2015年~
ボディタイプ4ドアSUV
エンジン型式V型8気筒OHV
乗車定員7名
駆動方式4WD
変速機10速オートマチック
8速オートマチック
5速MT
全長5,195mm
全幅1,665mm
全高2,065mm
ホイールベース1,910mm
車両重量2,670kg

参考:
キャデラック・エスカレード

最後に

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
ここまで、キャデラック・エスカレードについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?東京ユーポスでは、今回紹介したキャデラック・エスカレードを積極買取しております!他社よりも高値での買取りに自信がありますので、車の売却をご検討の方はぜひ東京ユーポスにご相談ください♪

関連記事

東京ユーポス

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定専門店なら【東京ユーポス】

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

買取ギャラリー

東京ユーポスでは年間2,000台超の輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定をしています。大手買取店と是非比較して下さい。業者様、同業者様大歓迎。お客様クチコミ評価業界ナンバーワン。

東京ユーポス

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

詳しく見る

最近の記事
おすすめ記事
  1. 【ハイラックスサーフ】2022年5月お客様の声

  2. 【GLC220d】2022年5月お客様の声

  3. 【カローラ クロス】2022年5月お客様の声

  1. 【デュランゴ】2021年11月お客様の声

  2. 【高額査定約束!】トヨタ・ランドクルーザー(ランクル)80とは!?

  3. 車売却に必要な書類7つ!各証明書を紛失した場合の対処法

RECOMMEND

TOP
買取ギャラリー 査定依頼 メニュー アクセス