【メルセデス・ベンツ】軍用車両にルーツを持つGクラスについて調べてみた!

1979年より基本構造を変えずに現代も人気のGクラス。GクラスのGはドイツ語でゲレンデヴァーゲン(Geländewagen)のGです。今回は、メルセデス・ベンツ Gクラスの紹介です。

そもそもポルシェとは!?

ドイツの自動車メーカーで、正式車社名は「Dr. Ing. h.c. F. Porsche AG」日本語だとフェルディナント・ポルシェ名誉工学博士株式会社です。創設者の名前ですね!創設は1930年、1931年と諸説ありですが、デザイン事務所としてスタートしていて、息子であるフェリー・ポルシェが1948年に自動車を販売して、はれて自動車メーカーとなりました。フェルディナント・ポルシェはフォルクスワーゲン・タイプ1を設計した技術者でもあります。フォルクスワーゲン・タイプ1はなんと、「ビートル」です。ちなみにビートルは2019年に生産終了して約80年の歴史に幕を下ろしました。2012年にはポルシェは、フォルクスワーゲンの完全子会社となっています。

メルセデス・ベンツ・Gクラスの始まり

軍事車両だったゲレンデヴァーゲンをメルセデスが民間用にアレンジしました。ゲレンデヴァーゲンは、NATO軍が依頼して採用していた軍事車両で、ダイムラーの傘下だったシュタイア・ダイムラー・プフが生産していた車両です。シュタイア・ダイムラー・プフはマグナ(カナダ)が買収して現在もGクラスを生産している現在のマグナシュタイア(オーストリア)の前身です。
※マグナシュタイア社は、BMW、プジョなどのメーカーも生産していて、同じ工場で複数のメーカーの車両を生産しており、1から車を生産できるすごい会社です。

Gクラスはシュタイア・ダイムラー・プフとメルセデスの共同開発車として1979年に誕生しました。この時期に販売した理由は諸説ありますが、すでに販売されていた初代レンジローバーを意識したものであるとも言われています。発売当初はエアコンすらない状況でデビューしましたが、モデルチェンジ、マイナーチェンジ時に排気量のUPや装備、インテリアなどの変更にて価格が上がり高級車化が進み現在のGクラスへと進化しました。現在までに大きな変更はしていないメルセデス・ベンツ・Gクラス。この意匠が現代でも人気の理由かもしれません。ちなみに、1987年にはパパモビル(ローマ教皇の専用車)にも採用されています。軍事車両をアレンジして現代の日本でも走っているのは平和の証かもしれません。

Gクラスは現在まで

  • W460型1979-1990
  • W461型各国軍事仕様のモデル
  • W462型ギリシャのトラック・バス・軍用車メーカーであるELBOに向けて製造
  • W463型1990-
  • W463(W464)型2018年-

のシリーズがあります。

※メルセデスにはGLクラスがありますが、これはあくまでもMクラスの上位という位置づけですので、Gクラスではありません。

W463型基本メカニズム

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
G350d(2019年4月-)

乗車定員5名
ボディタイプ5ドア
エンジン直列6気筒DOHCターボ (ディーゼル)
駆動方式フルタイム4WD
変速機9AT
サスペンション前 ダブルウィッシュボーン型独立懸架式
後 リジットアクスル
全長4,660mm
全幅1,930mm
全高1,975mm
ホイールベース2,890mm
車両重量2,460kg
最高出力286ps(210kW)/3400~4,600rpm
最大トルク61.2kg・m(600N・m)/1200~3,200rpm

G550(2018年6月-)

乗車定員5名
ボディタイプ5ドア
エンジンV型8気筒DOHCツインターボ
駆動方式フルタイム4WD
変速機9AT
サスペンション前 ダブルウィッシュボーン型独立懸架式
後 リジットアクスル
全長4,660mm
全幅1,930mm
全高1,975mm
ホイールベース2,890mm
車両重量2,450kg
最高出力422ps(310kW)/5250~5,500rpm
最大トルク62.2kg・m(610N・m)/2,000~4,750rpm

メルセデス AMG G63(2018年6月-)

乗車定員5名
ボディタイプ5ドア
エンジンV型8気筒DOHCツインターボ
駆動方式フルタイム4WD
変速機9AT
サスペンション前 ダブルウィッシュボーン型独立懸架式
後 リジットアクスル
全長4,665mm
全幅1,985mm
全高1,975mm
ホイールベース2,890mm
車両重量2,530kg
最高出力585ps(430kW)/6,000rpm
最大トルク86.7kg・m(850N・m)/2500~3,500rpm

参考:メルセデス・ベンツ・Gクラス

最後に

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
ここまで、メルセデス・ベンツ Gクラスについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?東京ユーポスでは、今回紹介したメルセデス・ベンツ Gクラスを積極買取しております!他社よりも高値での買取りに自信がありますので、車の売却をご検討の方はぜひ東京ユーポスにご相談ください♪

関連記事

東京ユーポス

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定専門店なら【東京ユーポス】

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

買取ギャラリー

東京ユーポスでは年間2,000台超の輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定をしています。大手買取店と是非比較して下さい。業者様、同業者様大歓迎。お客様クチコミ評価業界ナンバーワン。

東京ユーポス

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

詳しく見る

最近の記事
おすすめ記事
  1. 【BMW X1】2022年3月お客様の声

  2. 【Cクラス クーペ】2022年3月お客様の声

  3. 【Mercedes C200】2022年3月お客様の声

  1. 車売却に必要な書類7つ!リサイクル券は再発行できない!?

  2. 【メルセデス・ベンツ C350e】2021年8月お客様の声

  3. 【セレナ】2021年11月お客様の声

RECOMMEND

TOP
買取ギャラリー 査定依頼 メニュー アクセス