お知らせ:私たちの決意 を掲載いたしました。

1億7,000万円で落札されたレクサスLFAが高額で取引されている理由

トヨタ自動車がレクサスブランドで2010年から2012年にかけて、世界限定500台(日本では200台)で販売したスーパーカーが「レクサスLFA」です。新車価格3,750万円と高額だったにも関わらず飛ぶように売れ、現在では入手困難な希少車として高額で取引されるようになりました。

通常、自動車は他の車種のパーツなどを流用しますが、レクサスLFAは全てを新規で開発しました。そのため、開発費だけで数百億投じたと言われています。販売価格は高額ですが、このモデル単体で見ると赤字との見方が大半です。

現在でも人気が衰えないレクサスLFAの魅力を紹介します。

トヨタが技術力の結集させたレクサスLFAの実力

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス

和製スーパーカーのレクサスLFA。高値で取引されるのは生産台数が少ないという希少性もさることながら、日本の技術力を結集させたスポーツカーの頂点に君臨していることが挙げられます。

レクサスLFAは、技術者のこだわりが随所に見られます。

唯一無二のV型10気筒エンジン

エンジンは4.8リッターV型10気筒DOHC。最高出力は412kW/8700rpm、最大トルク480Nm/6800rpmというもの。正にモンスターマシンの名に相応しい、レース仕様のエンジンが搭載されています。

スロットルは各気筒が独立しており、吸排気バルブはチタン合金製、DLCコーティングされたロッカーアームなど、部材や材料も厳選されています。

開発者はレースカーを目指したのではなく、スポーツカーとは何かを考え抜いたと言われています。車を直感的に楽しむために生み出されたエンジンであり、レーシングマシン用のエンジンを流用したわけではありません。

レーシングエンジンの思想で設計され、スポーツカーを楽しむために生み出された唯一無二のエンジンです。

カーボン繊維強化プラスチックによるボディ

ボディはアルミではなく、カーボン繊維強化プラスチックを採用。極限の軽量化を図りました。アルミに対して100kgもの減量に成功しています。

レクサスLFAの車両重量は1,480kg。軽自動車ですら1,000kgを超える時代に、驚異的な軽さを実現しました。

大排気量エンジンを積みながらも軽量であることから、エンジン音やハンドリングにおいて車との一体感を楽しむことができます。

往年の名所を彷彿とさせるシルエット

レクサスLFAは昭和の名車2000GTを彷彿とさせるデザインに仕上がっています。全体のシルエットや丸みを帯びたフロントなど、気品や上品さを帯びたデザインはどこか似通っています。

実際に共通しているのは、この2つのモデルはヤマハとの共同開発であること。トヨタのスポーツエンジンはヤマハとタッグを組んで開発しており、その始まりは2000GTからでした。

ヤマハはDOHCエンジンの開発にいち早く取り組んでいました。世界最高のスポーツカーの開発を目標に掲げたヤマハに、トヨタがエンジンの開発を依頼。ヤマハは自社ブランドでスポーツカーを世に出すことはできませんでしたが、2000GTを通して世界最高のスポーツカーを間接的に世に送り出すことができました。

レクサスLFAのエンジンを開発したのもヤマハ。このエンジンは楽器メーカーとしてのヤマハが音にもこだわって開発したと言われています。

レクサスLFAの開発ストーリー

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス

レクサスLFAは、チーフエンジニアの棚橋晴彦氏が世界に誇れる和製スポーツカーを世に送り出したいという想いを持ったことから動き始めたと言われています。それが2000年初頭でした。

トヨタは環境性能が高いプリウスや、堅牢な車として厚い信頼を獲得したランドクルーザーで世界有数の自動車メーカーになった会社。世界に誇るスポーツカーを生み出すことは、自動車メーカーの矜持だったとも言えます。

決して失敗することが許されない、難易度の高いプロジェクトでした。

2005年のデトロイトモーターショーでベールを脱いだコンセプトカー

デトロイトモーターショーでベールを脱いだコンセプトカー「LF-A」は、世界中の自動車ファンの度肝を抜きました。

最高時速は320km/h。トヨタがフェラーリやポルシェと真っ向勝負を仕掛けるスポーツカーを送り出したのです。

スポーツカーという分野においても、トヨタはヨーロッパのメーカーに引けを取らないことをアピールした瞬間でした。

2007年に登場したV型10気筒モデルがファンの度肝を抜く

2007年のデトロイトモーターショーでは、更に進化した「F」シリーズの展開を発表。搭載エンジンがV型10気筒という特異なエンジンを積むことが明らかになりました。

V型10気筒エンジンは、1990年代にそれまで主流だったV8、V12の課題を解決するエンジンとして注目され、スーパーカーやレーシングカーでしきりに採用されていたタイプです。

しかし、2000年代に入ってダウンサイジングターボが一般的になると、このV型10気筒エンジンは廃れました。

あえてこのエンジンを採用するトヨタのスポーツカーに、自動車ファンの期待は高まりました。

2009年の市販化発表に自動車ファンが歓喜

2009年10月の東京モーターショーで市販化が正式に発表されます。最高速度は日本車としては最高の325km/h、0-100km/h加速が3.7秒という驚異的な性能を誇りました。

日本車の本格的なスポーツカーは、ホンダのNSX、日産GT-Rに次いで3番目となりました。

2010年12月から市販車の生産を開始。購入者に納車されました。500台のうち50台は、サーキット仕様のニュルブルクリンク・パッケージとして生産されました。このパッケージは2012年に製造を開始していますが、遅れたのはぎりぎりまでテスト車の調整を行っていたためと言われてます。

フルオリジナルでスーパーカーを作り上げるのにかかるコストとその意味

3,750万円という高値で販売されたにも関わらず、レクサスLFA単体では赤字だったと言われています。その理由はフルオリジナルで開発を行ったため。

自動車は通常、他の車のパーツなどを流用して開発を行いますが、レクサスLFAはすべてをゼロから立ち上げています。そのため、開発費用だけで数百億円を投じています。

製造コストも高く、1台当たり少なく見積もっても1,000万円程度と言われており、極めて贅沢な車でした。

レクサスLFAは、トヨタが世に放った究極の1台です。

オークションで落札されたレクサスLFAの参考価格

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス

レクサスLFAは2021年のサザビーズオークションに出品されました。

ニュルブルクリンク・パッケージ

世界に50台という超希少車のニュルブルクリンク・パッケージは、1億7,500万円で落札されています。落札予想は1億2,000万円で、それを大きく上回る値段がつきました。

標準モデル

標準モデルは8,950万円で落札されています。こちらも落札予想価格7,670万円を超えた値段がつきました。

このオークションは、レクサスLFAがコレクターアイテムとして、高値で取引されていることを見せつける内容でした。

レクサスLFAを手に入れることは可能?

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス

レクサスLFAは中古車店で販売されています。コレクションカーとして保存されていたのか、走行距離が少ないものばかりです。状態の良いものを手に入れることができるでしょう。

ただし、ニュルブルクリンク・パッケージを手に入れるのは難易度が高いと考えてください。

高級車の買取・中古車売却・査定は「東京ユーポス」をご活用ください。査定・買取実績は年間2,000台を超え、輸入車専門スタッフによる確かな目で査定します。

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス

復活するという噂は本当なのか?

レクサスLFAの次期モデルが、2025年に登場するとの情報があります。PHEVモデルとして発売されると見られています。

ただし、トヨタからの正式発表はありません。

希少車の販売や買取は専門店に

レクサスLFAは希少車であり、簡単に手に入れられるものではありません。やや似た車にレクサスLCがあります。

この車は5リッターV型8気筒エンジンを搭載しており、徹底的な軽量化を図ったモデル。丸みを帯びたデザインはスポーツカーらしく、重厚感も相まってラグジュアリースポーツカーとも呼べそうなモデルです。

レクサスLCは中古車で700万円~1,000万円台で取引されています。レクサスの中でも人気が高く、高値で取引されているモデルの一つです。

レクサスLCよりも手に入れやすいのが、レクサスRC。2ドアクーペで、3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載しています。

アヴァンギャルド・クーペをコンセプトとしており、独特なデザインが特徴的です。カスタムベース車としても人気があります。

2010年に生産終了となりましたが数が多く、200万円~500万円台で取引されています。

レクサスのような人気のある高級車、希少車の売却を検討したら、専門店に相談してください。市場価値を見極めて適正な価格を提示できるためです。

高級車の買取・中古車売却・査定は「東京ユーポス」をご活用ください。査定・買取実績は年間2,000台を超え、輸入車専門スタッフによる確かな目で査定します。

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス

    関連記事

    東京ユーポス

    輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定専門店なら【東京ユーポス】

    最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

    買取ギャラリー

    東京ユーポスでは年間2,000台超の輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定をしています。大手買取店と是非比較して下さい。業者様、同業者様大歓迎。お客様クチコミ評価業界ナンバーワン。

    東京ユーポス

    最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

    詳しく見る

    最近の記事
    おすすめ記事
    1. 【ハイエース】2024年1月お客様の声

    2. 【CLS メルセデス・ベンツ】2024年1月お客様の声

    3. 【フォレスター】2024年1月お客様の声

    1. 【アウディ A4 オールロード】2021年10月お客様の声

    2. 【ホンダ】これがホンダ最後のFR車!S2000について調べてみた!

    3. 【プジョー208】2023年5月お客様の声

    RECOMMEND

    TOP
    買取ギャラリー 査定依頼 メニュー アクセス