【マツダ】4WS感覚!2代目RX-7 FC3S・FC3C型について調べてみた!

マツダのスポーツカーといえば、RX-7!今回は2代目RX-7についてご紹介いたします。東京ユーポスでも積極買取している車の1つです!

RX-7とは?

RX-7(アールエックスセブン)とは、昭和53年(1978年)~平成14年(2002年)までマツダから販売されていたスポーツカーを指します。「ロータリーエンジン(Rotary engine)」「未来を象徴する記号である”X”」に加えて、マツダ内での車格番号を示す「7」の3つを合わせて作られた車名が「RX-7」です。

初代~3代目まで、実に24年に渡って愛されたスポーツカーであり、スポーツカー黄金期といわれる時代にひときわユニークさを放っていました。そのユニークさの1つとして挙げられるのが、当時のスポーツカーには珍しい「サッシュドア(※)」を3代目まで一貫して採用していた点です。これは他社の類似車種には見られないマツダならではの特徴でした。

※サッシュドアとは…窓枠つきのドアのこと。窓を下げても枠が残っているタイプ。ちなみに、窓枠のないタイプのドアを”サッシュレスドア”と言います。

2代目 FC3S・FC3C型

昭和60年(1985年)、マツダを代表するスポーツカーの1つである「RX-7」の最初のフルモデルチェンジが行われました。発表された新モデルの型式はFC3S!これが2代目のRX-7(前期型)です。

マツダのフロントエンジン・リアドライブのスポーツカー用プラットフォーム(車台)であるマツダ・FCプラットフォームが用いられており、車体はリアサスペンションがセミトレーリング式マルチリンクの独立懸架化(※)されるなど、走行性能を追求したモデルとなりました。さらに、平成元年(1989年)の4月に行われたマイナーチェンジにより、FC3Sの後期型が発売されました。このマイナーチェンジでは、であるエアフロメーター(※)を、のフラップ式(※)から、メジャリングコア式に変更。

※独立懸架…左右の車輪を独立して上下することができ、操縦安定性や乗り心地が固定車軸のものより優れている。※エアフロメーター…エンジンを電子制御する際の入力情報としてエンジンへの空気吸入量を計測する装置。※フラップ式…揺動軸で支持された板状の部材(フラップ)がバネの力を受けて吸気管を塞ぐように配置された構造。

タービンも改良されたことによって、FC3Sの前期型では185psだった出力が、FC3Sの後期型では205psにまで高められたのです。2代目RX-7ではさらに、FC3Sの後期型のスポーティーグレードをベースとした「∞(アンフィニ)シリーズ」がスペシャリティーモデルとして4世代にわたって発売されました。

さて。初代RX-7同様に、2代目RX-7にも型式が2種類(FC3SとFC3C)記載されていますね。2代目RX-7のもう一つの型式となるFC3C型は、FC3Sのオープンカー仕様のグレードとして発売された2ドアタイプの型式「RX-7 カブリオレ」を指します。当時マツダから発売されていた車の中では唯一のオープンスポーツカーで、電動モーターによりワンタッチで開閉できる電動ソフトトップを装備していました。このカブリオレの製作ノウハウは、後に販売されるライトウェイトスポーツカー「ロードスター」に活かされたといわれています。

RX-7 FC3S・FC3C型のメカニズム

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
それではここで、サバンナRX-7(FC3S/FC3C型)のメカニズムを見ていきましょう!

販売期間1985年~1992年
(カブリオレを除くと、1985年~1991年)
乗車定員4名
(アンフィニとカブリオレは2名)
ボディタイプ3ドアファストバッククーペ
カブリオレ:2ドア
エンジン型式13B-T型 水冷直列ローター
カブリオレ:13B型 直列2ローター
駆動方式FR
変速機4速AT
5速MT
サスペンション前:ストラット
後:セミレートリングアームマルチリンク
全長4,335mm
全幅1,690mm
全高1,270mm
ホイールベース2,430mm
車両重量1,390kg
総排気量1,308cc
最大出力前期型:185ps/6,500rpm
後期型:205ps/6,500rpm
アンフィニ:215ps/6,500rpm
カブリオレ:205ps/6,500rpm
最高トルク前期型:25.0kg/3,500rpm
後期型:27.5kg/3,500rpm
アンフィニ:28.0kg/3,500rpm
カブリオレ:27.5kgm/3,500rpm
最小回転半径4.9m

参考:マツダ・RX-7

最後に

ここまで、マツダ RX-7 FC3S・FC3C型についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?東京ユーポスでは、今回紹介したマツダ RX-7 FC3S・FC3C型を積極買取しております!他社よりも高値での買取りに自信がありますので、車の売却をご検討の方はぜひ東京ユーポスにご相談ください♪

関連記事

東京ユーポス

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定専門店なら【東京ユーポス】

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

買取ギャラリー

東京ユーポスでは年間2,000台超の輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定をしています。大手買取店と是非比較して下さい。業者様、同業者様大歓迎。お客様クチコミ評価業界ナンバーワン。

東京ユーポス

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

詳しく見る

最近の記事
おすすめ記事
  1. 【ダイハツ コペン Robe S】2022年9月お客様の声

  2. 【プジョー5008】2022年9月お客様の声

  3. 【デミオ】2022年9月お客様の声

  1. 【Audi A45】2021年8月お客様の声

  2. ジムニーを語るにはあの車なしでは語れない!

  3. 【ステップワゴン】2022年6月お客様の声

RECOMMEND

TOP
買取ギャラリー 査定依頼 メニュー アクセス