【日産】約30年以上も人気の車!パオ について調べてみた!

可愛らしい見た目とオシャレなデザインで女子ウケも良さそうな見た目の車といえば、日産の「パオ」ですよね!今回は、バブル期に一世風靡したパイクカーである「パオ」について調べてみました。

パオ PK10型とは?

バブル期に一世風靡した「パイクカー」(パイクカーとは、レトロ調であったり先鋭的であったりとスタイリングが特徴的な自動車を表しています。)

今回紹介する「パオ」は、そんなバブル期に人気を博したパイクカーの1つで、そのレトロな見た目は30年以上経った今でも人気です。型式はPK10型で、昭和57年(1982年)に同じく日産から発売された「マーチ(K10型)」をベースとして作られたパイクカーの第二弾とされています。ちなみに、マーチをベースとして作られた日産のパイクカーは「パオ(PK10型)」の他に「Be-1(BK10型)」と「フィガロ(FK10型)」があり、日産パイクカー3兄弟と呼ばれているんですよ!

さて、そんなPK10型のパオさんは、昭和62年(1987年)の東京モーターショーで発表され、その2年後の昭和64年(1989年)に期間限定車として約5万台のみ販売されました。パオのデザインコンセプトについて、コンセプターの坂井直樹さんは、服飾ブランドのコンセプトをそのまま車のデザインコンセプトに置き換え、「旅行やサファリの冒険を味わえる車」としたと語っています。先に発売されていたパイクカー「Be-1(BK10型)」がかなりの人気車になったことを踏まえて、第二弾として作られた「パオ(PK10型)」は最初から限定受注生産の方法をとられました。受注期間を3ヶ月と限定させたのですが、その間に約5万台の申し込みがあり、なんと納期は最長で1年半待ちになるほどの人気ぶりたったとか…。

参考:日産・パオ

PK10型のメカニズム

それではここで、パオ(PK10型)のメカニズムを見ていきましょう!

販売期間1989年1月~1990年
(受注期間は1989年4月14日まで)
総販売台数51,657台
(限定受注生産)
乗車定員5名
ボディタイプ3ドアセミハッチバック
エンジン型式MA10S 987cc 直4OHC ベルト駆動 52ps
駆動方式FF
サスペンション前:独立懸架ストラット式
後:4リンクコイル式
全長3,740mm
全幅1,570mm
全高1,475mm
ホイールベース2,300mm
ブレーキ形式前:ディスク式
後:ドラム式
車両重量MT車:720kg
AT車:750kg
総排気量987cc
最高出力52PS
最大トルク7.6kgm/3,600rpm

参考:日産・パオ

パオ(PK10型)の特徴はコレだ!

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
なぜパオ(PK10型)は今でも人気の車種なのか?!気になるパオ(PK10型)の特徴について調べてみました!

トランク部分

パオ(PK10型)のトランク部分は珍しい上下開きになっているんです!上下別々に開くことが可能ですので、上だけ開けて荷物の出し入れをするのも可。上下を開けて大きめの荷物を積み下ろしするも可。小さい車体の割に、広々と使えそうですね。

フロント部分

パオ(PK10型)のフロント部分には、パイプ状のバンパーがついています。このパイプ状のバンパーが、パオ(PK10型)の丸みというか柔らかい印象を強くしている気がします!そして、なんといっても特徴的な丸いフロントライト!と、その横にある丸いウィンカー部分。これも可愛さを演出していますよね!女性ウケがよさそう…。

ドア部分

パオ(PK10型)のドア部分にも人気の秘密が?!まず、パオ(PK10型)のドアは外ヒンジ仕様になっています。外ヒンジ仕様とは、車体とドアをつないでいる部分がむき出しになっているものです。後部トランク部分も、蝶番のようなデザインで固定されていて、レトロ感が増しています!

そして、ドアノブにもちょっと変わったデザインが取り入れられているんです。今では珍しい、押しボタン式ドアノブ!突出しているボタンを親指で押して、ノブを引きます。今では逆に新しいデザインなので、オシャレ感が拭えません!

内装

パオ(PK10型)の特徴といえば、なんといってもレトロな内装ですよね!パオ(PK10型)のモデルとなったマーチ(K10型)の「コレット」で初めて採用された麻布のシート。そして白くて細いハンドルもパオ(PK10型)の特徴です。

ダッシュボード部分は、奥行きが浅くなっていて、車体は小柄ながらも圧迫感を感じにくい造りにもなっています!パオ(PK10型)独自デザインのステレオやエアコンも人気の秘密?!こちらはメーカーオプションとなっていたようですが、このステレオにはカセットチューナーだけでなく、当時には珍しいCDチューナーも搭載されています。真空管ラジオのようなデザインにすることで、レトロ車の雰囲気を更にアップさせています。

参考:日産・パオ

最後に

ここまで、日産のパオ(PK10型)についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?東京ユーポスでは、今回紹介した日産のパオ(PK10型)を積極買取しております!他社よりも高値での買取りに自信がありますので、車の売却をご検討の方はぜひ東京ユーポスにご相談ください♪

関連記事

東京ユーポス

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定専門店なら【東京ユーポス】

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

買取ギャラリー

東京ユーポスでは年間2,000台超の輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定をしています。大手買取店と是非比較して下さい。業者様、同業者様大歓迎。お客様クチコミ評価業界ナンバーワン。

TOP
買取ギャラリー 査定依頼 メニュー アクセス