【トヨタ】BMWと共同開発?5代目スープラ A90型/DB型について調べてみた!

トヨタのスープラに関するコラムも最後となりました。2019年に発表・販売が開始されたばかりのA90型ことDB型の魅力についてご紹介いたします!

東京ユーポスでは、トヨタのスープラを積極買取中です♪お気軽にお問い合わせください!

スープラの始まり

トヨタからスープラが初めて発表されたのは昭和52年(1977年)の東京モーターショーでした。スープラが発売される以前、1970年代の北米では、日産の「フェアレディ」というクーペタイプのスポーツカーが人気を博していました。それに刺激を受けた北米の現地ディーラーが「フェアレディの対抗馬として、直列6気筒のクーペが欲しい」とトヨタに熱望。

トヨタは当時、北米や欧州に輸出もされていた日本初のスペシャリティカー「セリカ」をベースに、初代スープラとなるセリカXX(MA40型)が開発したのでした。セリカの上級車種として販売されたため、日本では「セリカXX(MA40型)」と称していたのですが、当時「アメリカではXの列記は映画の成人度合いを示す」という理由から、北米を始めとするすべての輸出車の名称をラテン語で「最高」という意味を表す「スープラ」に変更して輸出・販売されました。

3代目スープラから、日本でも「スープラ」へと名称変更され、現在の「トヨタ・スープラ」ができあがりました。

5代目スープラ A90型/DB型

平成14年(2002年)に惜しまれつつ生産終了した4代目スープラ(A80型)から17年。令和1年(2019年)5月に、ファン待望の5代目スープラ(A90型/DB型)が販売開始になりました。スープラシリーズが表舞台から姿を消している間にトヨタが技術提携を結んだBMWとの共同開発車1号となったA90型(DB型)。BMWの新型「Z4(G29型)」の姉妹車ということも発表され、さらに注目を集めています。

そんなA90型(DB型)は、BMW製直の新型直列6気筒エンジンが搭載されているだけでなく、シャシーなどのプラットフォームもBMWの新型「Z4(G29型)」と共有。また、トヨタ社のスポーツモデル専用ブランド「GR」にとって初めての専売車種&シリーズ初のグローバルモデルでもあり、別名「トヨタGRスープラ(GRスープラ)」と呼ばれています。5代目スープラ(A90型/DB型)はエンジンごとに

  • 直列4気筒 2.0L 直噴ターボエンジンの標準型を搭載した「SZ」
  • 直列4気筒 2.0L 直噴ターボエンジンの高出力型を搭載した「SZ-R」
  • 直列6気筒 3.0L 直噴ターボエンジンを搭載した「RZ」

といった、3つのグレード展開。シート表皮は「SZ」がファブリック、「SZ-R」と「RZ」がアルカンターラ+本革のコンビネーションタイプを採用。いずれも腰部分のホールド感にこだわったハイバックタイプとなっています。

外観のデザインは、スポーツカーとしてのパッケージ・レイアウトの特徴が生かされつつ、セリカXXと呼ばれた初代スープラ(A40型/A50型)時代から続く「ロングノーズ&ショートデッキ」がこの5代目スープラ(A90型/DB型)にも引き継がれています。さらに、5代目スープラ(A90型/DB型)には、先進の予防安全技術(※)が標準装備されています。ピュアスポーツを追及しているスープラだけにスポーツカーとしての性能に注目が多く集まっていますが、令和時代のスープラには安全性・快適性が重視された機能が搭載されている点も注目したいポイントですね。

※先進の予防安全技術とは…

  • 昼間の歩行者に加え自転車の運転者を検知し、衝突回避支援または被害低減を図る「プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)」
  • 隣車線の死角を走る車両を検知する「ブラインドスポットモニター」
  • 前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」
  • 車線を逸脱しそうな際にステアリング操作をアシストする「レーンディパーチャーアラート」

スープラ A90型ことDB型のメカニズム

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取なら東京ユーポス
それではここで、5代目スープラ(A90型/DB型)のメカニズムを見ていきましょう!

販売期間2019年5月~現在(執筆時点)
乗車定員2名
ボディタイプ3ドアクーペ
エンジン型式B48型:直列4気筒 2.0L 直噴DOHCターボ(SZ/SZ-R)
B58型:直列6気筒 3.0L 直噴DOHCターボ(RZ)
駆動方式FR
変速機8速スポーツAT
サスペンション前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
後:マルチリンク式コイルスプリング
全長4,380mm
全幅1,865mm
全高SZ/SZ-R:1,295mm
RZ:1,290mm
ホイールベース2,470mm
ブレーキ前:ベンチレーテッドディスク
後:ベンチレーテッドディスク
車両重量1,410kg~1,520kg
最高出力(SZ)197ps/4,500rpm
(SZ-R)258ps/5,000rpm
(RZ)250ps/5,000rpm
最大トルク(SZ)320N.m (32.7kgf.m)/1,450~4,200rpm
(SZ-R)400N・m (40.8kgf・m)/1,550~4,400rpm
(RZ)500N.m (51.0kgf.m)/1,600~4,500rpm

参考:トヨタ・スープラ

最後に

ここまで、トヨタ 5代目スープラ A90型ことDB型についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?東京ユーポスでは、今回紹介したトヨタ 5代目スープラ A90型ことDB型を積極買取しております!他社よりも高値での買取りに自信がありますので、車の売却をご検討の方はぜひ東京ユーポスにご相談ください♪

関連記事

東京ユーポス

輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定専門店なら【東京ユーポス】

最短2日でお支払い!最短40秒で査定致します。東京ユーポスでは自社オークション会場を持っています。そのため手数料や流通コストが一切かからないので輸入車・旧車・プレミアムカーの高価買取、高額査定が実現出来ます!

買取ギャラリー

東京ユーポスでは年間2,000台超の輸入車・旧車・プレミアムカーの買取査定をしています。大手買取店と是非比較して下さい。業者様、同業者様大歓迎。お客様クチコミ評価業界ナンバーワン。

TOP
買取ギャラリー 査定依頼 メニュー アクセス